草コインで1000倍になる銘柄は?実際になった仮想通貨も紹介!

編集者:CoinBack
仮想通貨初心者
これから1000倍になる草コインはある?
草コインに興味がある人
過去に1000倍になった草コインを知りたい!

仮想通貨でこれから一攫千金を狙うのであれば、やはり「草コインが近道」と考える方が多いでしょう。

実際、草コインは1000倍以上の値上がりをする銘柄も少なくなく、多くの日本人にとって億り人への一番の近道の一つと言っても過言ではありません。

この記事では、そのような草コインに関して「これから1000倍を期待できる銘柄」と「過去に1000倍になった事例」などをまとめます。

「少額の資金を草コインで1000倍にしたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のまとめ

  1. 1000倍になる可能性がある草コインは多い
  2. 実際になった銘柄も多く、50万倍や10万倍もある
  3. 2023年のPEPEはリリースから数週間で500万倍になった
  4. 全額失ってもいい覚悟で資金を眠らせるのがポイント

まだCoinBackのユーザー登録を行っていない方は・・・・

CoinBackへの登録は簡単ですので、是非この機会にユーザー登録をして、最高キャッシュバック率を体感してください!

💡 CoinBack(コインバック)とは?

仮想通貨取引所に払う取引手数料で損していませんか?

CoinBackは業界唯一の手数料キャッシュバックサービス。

実はCoinBackを使わないと…
1BTC取引だけでも1,600円〜3,200円の手数料を損しています!

1BTC取引で

¥

2,594

Cash
Back

1BTC取引で

¥

4,632

Cash
Back

1BTC取引で

¥

3,088

Cash
Back

1BTC取引で

¥

4,169

Cash
Back

1BTC取引で

¥

4,169

Cash
Back

1BTC取引で

¥

3,474

Cash
Back

※1BTCあたり$53,000換算|成行手数料(往復)の場合

登録方法は
簡単3STEP

01
CoinBack登録
無料会員登録
02
メール認証

認証用のメールが送信されます。メールボックスをご確認ください。

03
取引所との紐付け

CoinBackサイト内リンクからFX口座を開設し、ユーザーIDを登録します。

※2つ目以降の取引所アカウントでも作成可能です

まだCoinBackのユーザー登録を行っていない方は・・・
業界最大キャッシュバック率!

草コインで1000倍になる銘柄はまだある

草コインで1000倍になる銘柄はまだある

草コインで1000倍まで値上がりする可能性のある銘柄は、まだ多数あります。

1000倍より上の1万倍・10万倍・100万倍の単位の上昇を記録した草コインも多数あるため、1000倍は決して珍しくないと考えてください。

もちろん、発生することは発生しますが、そのチャンスは短ければ1日だけということもあります。

スピード勝負の世界ですが、うまくチャンスをつかめば1000倍の利益を掴むことは十分に可能です。

CoinBack
これから高騰する草コインを見つける方法は「草コインの探し方」の記事で詳しく解説しています。

草コインで1000倍になった銘柄

草コインで1000倍になった銘柄

草コインで過去に1000倍になった銘柄は、以下の通りです。

  1. EMC2(アインシュタイニウム):2600倍
  2. VET(ヴィチェーン):2,400倍
  3. ADA(カルダノ):1600倍
  4. RDD(レッドコイン):1327倍
  5. BOME(ブックオブミーム):1000倍

EMC2(アインシュタイニウム):2600倍

現在の価格$0.0006918
時価総額$155,758
時価総額ランキング3782位
【参考】EMC2|CoinGecko(2024年5月25日時点)

アインシュタイニウムは、2017年の間に2600倍に急騰しました。

上の図の一時的に急上昇し、すぐに急降下している部分が、その急騰のタイミングです。

EMC2は、公的な非営利団体である「アインシュタイニウム財団」が運営している仮想通貨です。

科学研究の資金調達を安定させることを目的としており、マイニング報酬の2.5%が財団の科学研究に寄付されます。

CoinBack
1000倍以上の値上がりを達成しただけでなく、社会貢献度も高い草コインといえます。

VET(ヴィチェーン):2,400倍

VET:2,400倍
現在の価格¥5.32
時価総額¥386,967,627,695
時価総額ランキング48位
【参考】VET|Coin Market Cap(2024年5月21日時点)

VET(ヴィチェーン/VeChain)は「事業用のブロックチェーン技術」の開発を目指している草コインのプロジェクトです。

取り組みの具体例の1つは「製品のトレーサビリティ」です。

トレーサビリティとは、製品の生産段階から廃棄段階までを追跡できる状態です。

これを追跡できることで、生産管理や物流管理、顧客管理や不法投棄対策など、あらゆる改善につながります。

CoinBack
このようなコンセプトが評価されたこともあり、時価総額ランキングも48位と高めになっています。

ADA(カルダノ):1600倍

ADA(カルダノ):1600倍
現在の価格¥72.31
時価総額¥2,580,965,775,881
時価総額ランキング10位
【参考】ADA|Coin Market Cap(2024年5月25日時点)

ADA(カルダノ/Cardano)は、2015年のプレセール期から2021年までの間に、約1600倍の高騰を記録しました。

現在の時価総額は10位ということで、完全な草コインではないものの「ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな銘柄以外は全て草コイン」という方にとっては、カルダノも草コインといえます。

カルダノは、2015年にチャールズ・ホスキソン氏によって開発されたアルトコインです。

セキュリティレベルが高く、今後増えていく膨大な取引の記録にも対応できる拡大性(スケーラビリティ)が特徴の暗号資産です。

CoinBack
確かな存在意義と技術があることが、時価総額ランキングで10位まで上り詰めた理由といえます。

RDD(レッドコイン):1327倍

RDD(レッドコイン):1327倍
現在の価格¥0.01696 
時価総額¥564,915,281
時価総額ランキング8217位
【参考】ReddCoin|Coin Market Cap(2024年5月25日時点)

RDD(レッドコイン/ReddCoin)は、2017年の年初は1枚0.000017ドルでしたが、同年の12月25日に0.022578ドルに達しました。

この伸び率は1327倍であり、1000倍を上回る利益となっています。

ReddCoinとよく似た名前の仮想通貨でRedCoin(レッドコイン/RED)という銘柄がありますが、これは完全に別物です。

REDの方は2024年5月25日時点で価格すらついておらず、ランキングにも入っていません。

【参考】3 Cryptocurrencies That Rose by More Than 100,000% in 2017|The Motley Fool

BOME(ブックオブミーム):1000倍

BOME(ブックオブミーム):1000倍
現在の価格¥2.04 
時価総額¥140,445,492,560
時価総額ランキング97位
【参考】BOME|Coin Market Cap(2024年5月25日時点)

BOME(Book Of Meme/ブックオブミーム)は、リリースからわずか3日間で1000倍に上昇しました。

事前の宣伝やエアドロップ、トークン生成活動やホワイトリストなど、全てがゼロの状態からリリースされたにも関わらず、このような急騰を記録しています。

その後に急落・暴落することもなく、全期間のチャートで上の画素の通り、少なくとも約2ヶ月半は高値を維持しています。

まだ登場してから2ヶ月半程度ということで、これから先の展開はわからないものの、1000倍の高騰をした草コインとしては、価値が比較的安定している銘柄といえます。

【参考】BOME soared 1,000 times in three days and ascended to the throne of MEME!|BINANCE

草コインで1000倍を大きく超えた銘柄

草コインで1000倍を大きく超えた銘柄

草コインで、過去に1000倍を大きく超える上昇を記録した銘柄は、以下の通りです。

  1. DOGE(ドージコイン):6300倍
  2. DENT(デント):4,700倍
  3. BAT(ベーシックアテンショントークン):3,740倍

それぞれの銘柄について詳しく紹介していきます。

DOGE(ドージコイン):6300倍

画像引用元:ドージコイン公式サイト

現在の価格¥26.14  
時価総額¥3,774,965,213,002
時価総額ランキング8位
【参考】DOGE|Coin Market Cap(2024年5月25日時点)

DOGE(ドージコイン/Dogecoin)は、イーロン・マスク氏が後押ししたことで一躍有名になった草コインです。

現在の時価総額ランキングは8位と「もはや草コインではない」という評価も多く見られます。

しかし、特別なコンセプトや技術的な特徴を持たない動物系コイン・ミームコイン(ネタコイン)という点では、DOGEはまだまだ草コインといえます。

CoinBack
DOGEはリリースから現在までに6300倍高騰しており、1000倍を遥かに上回る利益を上げています。

DENT(デント):4,700倍

画像引用元:DENT公式サイト

現在の価格¥0.2056
時価総額¥20,561,392,129
時価総額ランキング364位
【参考】DENT|Coin Market Cap(2024年5月20日時点)

DENT(デント/Dent)は、ブロックチェーン技術を利用して、モバイル通信をより高速・安価・安全にすることを目指している草コインプロジェクトです。

一言でいえば「モバイル通信の改善を目指す草コイン」といえます。

このDENTは、リリースから現在までに4,700倍に高騰しています。

コンセプトは個性的であるものの「実際にブロックチェーンでモバイル通信をどう改善するのか」という、技術面の説明が曖昧な印象があります。

モバイル通信には基地局などの物理的な設備が必要であり、それぞれの国の総務省・情報産業省などと連携する必要があり、記録技術はそれほど重要でないためです。

通話記録やメールの記録をブロックチェーンに置き換えるということには意味があるでしょうが、通信に関しては、ハード面・政治面の課題をまだ超えられていないという印象です。

CoinBack
そのような理由でまだ「草コイン」というべき暗号資産ですが、この課題がクリアされたらさらに急騰する可能性もあります。

BAT(ベーシックアテンショントークン):3,740倍

画像引用元:BAT公式サイト

現在の価格¥37.04
時価総額¥55,359,296,926
時価総額ランキング181位
【参考】BAT|Coin Market Cap(2024年5月21日時点)

BAT(ベーシックアテンショントークン/Basic Attention Token)は、デジタル広告の効率化を目指す草コインです。

ブロックチェーン技術をデジタル広告に持ち込むことで、受発注や支払いなどのあらゆる作業の効率化を図っています。

BATはリリースから現在までに3740倍の高騰を記録しており、1000倍を遥かに上回る利益を計上しています。

現状では、デジタル広告の改善が「BATでなければいけない理由」「ブロックチェーンでなくてはいけない理由」が特にないといえます。

その課題があるためか、時価総額ランキングも181位にとどまっています。

CoinBack
それでも3,740倍という大幅な高騰を記録しており、今後も期待できる草コインです。

今後1000倍の可能性がある草コインの銘柄&実績

今後1000倍になる可能性がある草コインの銘柄をまとめると、以下の通りです。

  1. Sealana(シーラナ)
  2. Mega Dice Token(メガダイストークン)
  3. Sponge V2 (スポンジ)

Sealana(シーラナ)

Sealana(シーラナ)
現在の価格$0.00008152
時価総額
時価総額ランキング
【参考】SEALANA|Coin Market Cap(2024年5月25日時点)

Sealana(シーラナ/SEAL)は、2024年5月にプレセールが開始された、非常に新しい草コインです。

Solanaブロックチェーンの上で誕生した新しいミームコインで、アザラシのキャラクターはオリジナルのものです。

発売開始からわずか数時間で21,500ドル以上(約3500万円)を調達しており、注目度の高い草コインです。

CoinBack
内容はミームコインで技術的な特徴はないため、もし1000倍まで上がったらそこで利確すべきといえます。

Mega Dice Token(メガダイストークン)

Mega Dice Token(メガダイストークン)
現在の価格$0.064140
時価総額
時価総額ランキング
【参考】MegaDice|Coin Market Cap(2024年5月25日時点)

Mega Dice Token(メガダイストークン/MegaDice)は、5万人以上のアクティブユーザーが利用している、オンラインの仮想通貨カジノの基軸通貨です。

Mega Diceがカジノのサービス名で、そのカジノの中で使われる専用のコインがMega Dice Tokenです。

掛け金は月間で5000万ドル(約75億円)を超えており、すでに十分な実績を出しているプラットフォームです。

CoinBack
オンラインカジノと仮想通貨はもともと相性が良いため、成功率は非常に高いプロジェクトといえます。

Sponge V2 (スポンジ)

Sponge V2 (スポンジ)
現在の価格$0.01154
時価総額
時価総額ランキング
【参考】|Coin Market Cap(2024年5月25日時点)

Sponge V2(スポンジ/SOL)は、Play to Earn(ゲームをプレイして仮想通貨を稼ぐ)という仕組みを搭載した草コインです。

Play to Earnはスポンジだけが提供している技術ではないため、技術面やコンセプトで真新しい部分はない銘柄といえます。

基本的にはミームコイン(ネタコイン)で、特に初代の「Sponve V1」の時は、Play to Earnの機能もなく、特徴はほぼありませんでした。

それでも、人気マンガのキャラクターである「スポンジ・ボブ」をモチーフとしたことで人気を集め、トレーダーの方々に100倍の利益をもたらしました。

CoinBack
すでにV1でそのような実績を持っているため、V2でも1000倍の値上がりは十分に有り得ると期待できます。

草コインの1000倍に関してよくある質問

草コインの1000倍に関してよくある質問

1000倍を期待できる草コインに関して、よく見られる疑問点は以下の通りです。

  1. 10000倍まで上がる草コインはある?
  2. 今からでも草コインで億り人になれる?

10000倍まで上がる草コインはある?

1000倍をさらに超える10000倍まで値上がりする草コインは、あります。

少なくとも過去の実績では、リリースから3週間で500万倍まで値上がりしたPEPE(ぺぺコイン)など、多くの事例が見られます。

特にこのPEPEの値上がりは2023年に起きているという点で、2024年以降にもこのような急騰を期待できる事例といえます。

CoinBack
詳しくは「10000倍になる草コインは?」の記事でまとめています。

今からでも草コインで億り人になれる?

今からでも草コイン投資で億り人を目指すことは可能です。

1000倍になる銘柄なら多くあり、それらの1つに10万円を゙掛けていれば、それで1億円になります。

最初から10万円は難しくとも、急騰する過程で最初の1,000円や1万円などの投資金額が増えていくため、それを再投資すればすぐ10万円になります。

CoinBack
より詳しい方法は「草コインで億り人になる方法」の記事でまとめています。

【まとめ】草コインでこれから1000倍になる銘柄は?

【まとめ】草コインでこれから1000倍になる銘柄は?

草コインでこれから1000倍になる可能性がある銘柄は、今回紹介してきた以外にもまだ多くあります。

それらの草コインに投資する上で重要なことは、多くの取引所で口座を開設し、他の取引所で扱っていないような希少な銘柄に投資することです。

そのように複数の取引所で口座開設をする際、CoinBackを経由して開設していただくと、手数料キャッシュバックの特典を半永久的に受けていただけます。

利用される方にとってデメリットやリスクは一切なく、手数料キャッシュバックのメリットのみを、純粋に受けていただけます。

CoinBack
関心を持っていただけたら、ぜひお気軽に無料会員登録を試してみてください!
💡 CoinBack(コインバック)とは?

仮想通貨取引所に払う取引手数料で損していませんか?

CoinBackは業界唯一の手数料キャッシュバックサービス。

実はCoinBackを使わないと…
1BTC取引だけでも1,600円〜3,200円の手数料を損しています!

1BTC取引で

¥

2,594

Cash
Back

1BTC取引で

¥

4,632

Cash
Back

1BTC取引で

¥

3,088

Cash
Back

1BTC取引で

¥

4,169

Cash
Back

1BTC取引で

¥

4,169

Cash
Back

1BTC取引で

¥

3,474

Cash
Back

※1BTCあたり$53,000換算|成行手数料(往復)の場合

登録方法は
簡単3STEP

01
CoinBack登録
無料会員登録
02
メール認証

認証用のメールが送信されます。メールボックスをご確認ください。

03
取引所との紐付け

CoinBackサイト内リンクからFX口座を開設し、ユーザーIDを登録します。

※2つ目以降の取引所アカウントでも作成可能です

まだCoinBackのユーザー登録を行っていない方は・・・
業界最大キャッシュバック率!
この記事を書いた人
元証券会社社員で、CoinBackメディアの運営全般を担当。 トレード歴は5年の現役為替・仮想通貨トレーダー、ほとんどの取引所を使った経験があり、現在使用している取引所は、「Bitget」「Bybit」。