【公式】Bitget(ビットゲット)で手数料負けしない裏技|原因・対策を解説

編集者:CoinBack
【公式】Bitget(ビットゲット)で手数料負けしない裏技|原因・対策を解説
Bitget初心者
Bitgetで手数料負けしない方法は?
Bitgetに興味がある人
Bitgetの手数料について詳しく知りたい!

Bitgetは売買できる銘柄の多さや手数料の安さなど、あらゆる面で人気の海外取引所です。

そんなBitgetで取引をする場合も「手数料負けを防ぎたい」と考えている方は多いでしょう。

この記事では、そのような目的を達成できるよう、Bitgetで手数料負けが起きる原因や、それを防ぐ対策・方法を解説していきます。

この記事のまとめ

  1. Bitgetで手数料負けしない方法は4つ
  2. ①:取引の回数を抑える
  3. ②:出金・送金の回数を減らす
  4. ③:コピートレードなどを控えめにする
  5. ④:自己アフィリエイトを行う
  6. CoinBackからBitgetに登録すれば④が可能
  7. 手数料キャッシュバックを永久的に受けられる
  8. 登録は簡単でデメリットやリスクもない

まだCoinBackのユーザー登録を行っていない方は・・・・

CoinBackへの登録は簡単ですので、是非この機会にユーザー登録をして、最高キャッシュバック率を体感してください!

💡 CoinBack(コインバック)とは?

仮想通貨取引所に払う取引手数料で損していませんか?

CoinBackは業界唯一の手数料キャッシュバックサービス。

実はCoinBackを使わないと…
1BTC取引だけでも1,600円〜3,200円の手数料を損しています!

1BTC取引で

¥

2,594

Cash
Back

1BTC取引で

¥

4,632

Cash
Back

1BTC取引で

¥

3,088

Cash
Back

1BTC取引で

¥

4,169

Cash
Back

1BTC取引で

¥

4,169

Cash
Back

1BTC取引で

¥

3,474

Cash
Back

※1BTCあたり$53,000換算|成行手数料(往復)の場合

登録方法は
簡単3STEP

01
CoinBack登録
無料会員登録
02
メール認証

認証用のメールが送信されます。メールボックスをご確認ください。

03
取引所との紐付け

CoinBackサイト内リンクからFX口座を開設し、ユーザーIDを登録します。

※2つ目以降の取引所アカウントでも作成可能です

まだCoinBackのユーザー登録を行っていない方は・・・
業界最大キャッシュバック率!

手数料負けとは?

手数料負けとは?

手数料負けとは、トレードの利益よりも手数料の方が高くなってしまうことです。

利益が小さい場合か、手数料が高い場合に手数料負けが起こります。

たとえば、仮想通貨は送金だけでも1000円前後することが多くあります。

そして、国内取引所のウォレットに送った後、日本円として銀行口座に出金する時にも、また手数料がかかります。

このように出金手数料だけでも1,000円以上かかることがありますが、さらに取引手数料やスプレッドなどのコストも発生します。

これらのコストも計算すると、取引の収支がプラマイゼロだった場合、手数料分必ずマイナスになってしまうのです

CoinBack
そのため、Bitgetでも常に「手数料やコストを上回る利益」を出す必要があります。

【参考】ETFの手数料(手数料負けとは)|日興アセットマネジメント

Bitget(ビットゲット)で発生する手数料一覧

Bitget(ビットゲット)で発生する手数料

Bitgetの手数料を、最初に簡単に表でまとめると以下の通りです。

手数料の種類手数料率(一般レベルの場合)
入金手数料無料
出金・送金手数料通貨・チェーンによって異なる
現物取引手数料メイカー:0.1%/テイカー:0.1%
(BGB支払の場合、どちらも0.08%)
先物取引手数料0.01〜0.04%
クロスマージン利率0.1%
コピートレード先物取引手数料+利益分配(4%~10%)
【参考】手数料一覧|Bitget

上の表の内容はあくまで概要であり、実際には様々な条件によってそれぞれの手数料が変わります。

CoinBack
そのような詳しい手数料の金額を、それぞれ解説していきます。

入金手数料:無料

Bitgetの入金手数料は無料です。

公式サイトでも以下のように明記されています。

Bitgetでは、暗号資産の入金に手数料はかかりません。

Bitgetの手数料体系と手数料計算|Bitget

入金手数料が無料ということは、たとえば他の取引所のウォレットから、自分のBitgetの口座に送金する場合、Bitgetの側での手数料は取られないということです。

代わりに、送金元となる他の取引所での「出金手数料」はかかります。

CoinBack
仮想通貨の入出金は、基本的に「送金側」が手数料を支払うので、入金手数料は無料の取引所が多いのです。

出金・送金手数料:通貨・チェーンごとに異なる

海外取引所の場合、仮想通貨の「出金」と「送金」は基本的に同じ意味です。

(この理由は記事の終盤のQ&Aで説明します)

Bitgetに限らず仮想通貨の出金手数料・送金手数料は、銘柄やネットワークによって異なります。

主な銘柄・ネットワークの手数料を一覧にすると、以下の通りです。

銘柄ネットワーク出金・送金手数料
BTGBTG0.05 BTG
BTCBTC0.00025 BTC
BGBERC2012.2459 BGB
USDTTRC201 USDT
ETHETH0.002 ETH
LTCLTC0.001 LTC
BCHBCH0.0001 BCH
ETCETC0.008 ETC
BNBBEP200.0005 BNB
CHATSOL0.27204 CHAT

ネットワークとは、取引履歴の正しさを証明するブロックチェーンの種類です。

同じ仮想通貨でも、ネットワークによって手数料が異なります。

Bitgetで複数のネットワークを使える仮想通貨の出金・送金手数料は、以下の通りです。

銘柄ネットワーク出金・送金手数料
BTCBTC0.00025 BTC
BEP200.00000283 BTC
USDTTRC201 USDT
TON0 USDT
ERC207 USDT
BEP200.29 USDT
HECO0.1 USDT
Arbitrum One0.8 USDT
SOL1 USDT
Optimism0.15 USDT
Polygon1 USDT
C-Chain1 USDT
KAVA EVM Token1 USDT
ETHETH0.002 ETH
BEP200.00027 ETH
Arbitrum One0.0001 ETH
Optimism0.0001 ETH
zkSync Era0.00014 ETH
BASE0.00004 ETH
ETCETC0.008 ETC
BEP200.04 ETC

特にUSDTとETHを見ると、様々なネットワークの選択肢があることを実感できるでしょう。

CoinBack
BTCなど仮想通貨の歴史の初期に登場したブロックチェーンは、記録が多過ぎて検証に時間がかかるため、手数料が高くなっています。

現物取引手数料:0.01〜0.1%(メイカー・テイカー共)

Bitgetの取引手数料は「ユーザーレベル」によって異なり、以下のような金額になっています。

ユーザー
レベル
メイカー
手数料
テイカー
手数料
メイカー
20%オフ
テイカー
20%オフ
24時間の
出金限度額
一般0.10%0.10%0.08%0.08%3,000,000 USD
VIP10.04%0.06%0.03%0.05%6,000,000 USD
VIP20.03%0.05%0.02%0.04%8,000,000 USD
VIP30.02%0.05%0.02%0.04%10,000,000 USD
VIP40.02%0.04%0.01%0.03%12,000,000 USD
VIP50.01%0.04%0.01%0.03%15,000,000 USD

メイカーとは、取引板に買い注文や板注文を出す人です。

テイカーとは、そうして取引板に並んだ注文を見て、応じたい注文に応じる人です。

メイカーがいて初めて売買がスタートするため、メイカーの方が手数料が安くなっています。

CoinBack
これはBitget以外の取引所でもおおむね共通するルールです。

先物取引手数料:0.01〜0.04%

Bitgetにおける先物取引手数料は以下の通りです。

ユーザー
レベル
USDT-M
(メイカー)
USDT-M
(テイカー)
Coin-M
(メイカー)
Coin-M
(テイカー)
USDC-M
(メイカー)
USDC-M
(テイカー
24時間の
出金限度額
一般ユーザー0.01%0.04%0.01%0.04%0.01%0.04%3,000,000 USD
VIP10.02%0.04%0.02%0.04%0.02%0.04%6,000,000 USD
VIP20.01%0.04%0.01%0.04%0.01%0.04%8,000,000 USD
VIP30.01%0.04%0.01%0.04%0.01%0.04%10,000,000 USD
VIP40.01%0.03%0.01%0.03%0.01%0.03%12,000,000 USD
VIP50.01%0.03%0.01%0.03%0.01%0.03%15,000,000 USD

先物取引とは、現時点で決済の約束(いつ、いくらで売買するか)だけを決めておく、期限までに決済を行う予約取引のことです。

CoinBack
先物取引の手数料自体はそれほど高くありませんが、仕組み自体がやや複雑なため、初心者のうちは現物取引をメインにするのが良いでしょう。

コピートレード:先物取引手数料+4〜10%

Bitgetのコピートレードの手数料は、先物取引手数料に加えて、コピー元となるトレーダーへの利益分配があります。

この利益分配のパーセンテージは「4〜10%」で、コピー元のトレーダーの方々の右下に書かれています。

コピートレード

ほとんどのトレーダーさんは「10%」に設定されています。

【参考】コピートレード|Bitget

CoinBack
コピートレードを行う時は、この手数料を上回る利率を上げているトレーダーさんを選ぶことが必要です。

クロスマージン利率:0.01〜0.1%

Bitgetのクロスマージン利率とは、簡単にいうと「仮想通貨の借り入れの利率」です。

事業ローンなどと同じく仮想通貨での融資を受け、その金利を支払います。

その金利を年に何%支払うかの数値が、クロスマージン利率です。

クロスマージン利率は、ユーザーのランクごとに以下のようになっています。

ユーザー
レベル
メイカー
手数料
テイカー
手数料
20%オフ
(メーカー)
20%オフ
(テイカー)
24時間の
出金限度額
一般ユーザー0.10%0.10%0.08%0.08%3,000,000 USD
VIP10.04%0.06%0.03%0.05%6,000,000 USD
VIP20.03%0.05%0.02%0.04%8,000,000 USD
VIP30.02%0.05%0.02%0.04%10,000,000 USD
VIP40.02%0.04%0.01%0.03%12,000,000 USD
VIP50.01%0.04%0.01%0.03%15,000,000 USD
CoinBack
クロスマージンの金利は特に手数料負けの原因となりやすいので、初心者のうちは通常の取引をメインにする方が良いでしょう。

Bitget(ビットゲット)の手数料の計算方法

Bitget(ビットゲット)の手数料の計算方法

ここでは、Bitgetの手数料の計算方法について、以下の2つの内容に分けて解説します。

  1. 現物取引手数料の計算式
  2. 先物取引手数料の計算式

現物取引手数料の計算式

Bitgetの現物取引手数料の計算式は、以下の通りです。

取引手数料=取引金額×取引手数料レート

取引手数料レートは、一般ユーザーの場合は「0.1%」です。

(メイカーもテイカーも共通)

このため、一般ユーザーなら「取引金額×0.1%」となります。

CoinBack
たとえば1,000USDTの取引なら「1,000USDT×0.1%=1USDT」となり、手数料はおおよそ150円です(1ドル150円の場合)。

先物取引手数料の計算式

Bitgetの先物取引手数料の計算式は、以下の通りです。

取引手数料=注文数量×価格レート×取引手数料レート

取引手数料レートは、一般ユーザーの場合は「メイカーで0.01%、テイカーで0.04%」です。

そして、例えば注文数量が1000USDT、価格レートが1USDT=150円、取引手数料レートが0.01%とすると、計算式は以下のようになります。

150円×1000USDT×0.01%=15円

CoinBack
このように、約15万円の取引で15円のみであるため、1回あたりの手数料は少額だといえます。

Bitget(ビットゲット)で手数料負けする原因

Bitget(ビットゲット)で手数料負けする原因

Bitgetで手数料負けする原因・シチュエーションは以下の通りです。

  1. 利益を出す「回数」は多くても金額が小さい
  2. クロスマージンなど手数料が継続発生する取引をしている
  3. コピートレードの手数料を超える利益が出ていない

利益を出す「回数」は多くても金額が小さい

仮想通貨に限らず、投資の世界には「コツコツドカン」という言葉があります。

これは、コツコツ小さな利益を重ねていても、ドカンと1回大きな暴落に遭い、それで損失が上回ってしまうという展開や教訓のことです。

つまり、利益を出す回数は多くとも、それぞれの金額が小さければ、大きな損失を1回出した際に、トータルでマイナスとなってしまう可能性があるのです。

「それなら、損切りも小まめにすればいいのでは?」と思うでしょう。

しかし、それでは売買での利益は単純計算でトントン(プラマイゼロ)になります。

そして、取引手数料・スプレッド・出金手数料などのコストがかかる以上、これではやはりトータルでマイナスになるのです。

CoinBack
そうすると、どうしても損切りよりも利益確定の方が、金額が大きくならなくてはいけないわけです。

クロスマージンなど手数料が継続発生する取引をしている

Bitgetの場合、クロスマージン取引をしていると「クロスマージン金利」がかかります。

Bitgetのクロスマージンは仮想通貨の借り入れをするので、その利息を支払うわけです。

この利息は毎日継続して発生するため、長期間取引をしているだけでも手数料が蓄積されていきます。

この場合、かなり大きく当てなければ手数料負けしてしまいます。

CoinBack
もちろん、借り入れをすることでより大きな金額で取引を行え、上昇相場で莫大な利益を狙うことも可能です。

コピートレードの手数料を超える利益が出ていない

Bitgetの特徴の一つに、コピートレード(ミラートレード)が充実していることが挙げられます。

コピートレードは一流のトレーダーと同じ取引を自動的にできるシステムで、自動売買の一種です。

これは「初心者でもプロのトレーダーと同じ売買をできる」という点でメリットの大きい手法です。

しかし、その分参考としているトレーダーに対して、手数料を支払う必要があります。

これは、スプレッドや取引手数料とは別に追加でかかる手数料です。

CoinBack
このようなコピートレードを行っている場合、特にその手数料以上の利益を出す必要があります。

Bitget(ビットゲット)で手数料負けしないためのポイント

Bitget(ビットゲット)で手数料負けしないためのポイント

Bitget(ビットゲット)で手数料負けしないためのポイントは、以下の通りです。

  1. 指値注文をする
  2. 送金・出金回数を減らす
  3. 資金調達料を意識する

指値注文・逆指値注文を駆使する

指値注文は利益確定の予約、逆指値注文は損切りの予約の注文です。

これらを駆使することで「損切りを小まめに行いつつ、利益は多めに狙う」という取引をできます。

もちろん、注文の予約をするだけで大きな利益を狙えるわけではありません。

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析によって、相場自体の予測をすることも必須です。

CoinBack
そうした予測をした上で、指値注文・逆指値注文を駆使すれば、効率的に利益を確保しやすくなります。

取引の回数を抑える

取引手数料を抑えるには取引の回数を減らすのがベストです。

もちろん、スキャルピングやデイトレードなどの短期取引の場合、取引の回数はどうしても多くなります。

しかし、これらの手法へのこだわりがなければ、あえてスイングトレードやポジショントレードなど、期間が長めの投資スタイルに切り替えるのも良いでしょう。

CoinBack
これらの手法は、予測が当たった時に長期間寝かせている分、利益も大きくなることが特徴です。

送金・出金の回数を減らす

仮想通貨は送金手数料や出金手数料も高めであるため、これらの回数を減らすことも一つのポイントです。

送金や出金をしないということは、仮想通貨を現金にして利益確定をしたり、実際の決済(買い物)で使ったりしないということです。

つまり「ひたすら投資を続ける」ということになりますが、これは株式投資などとも共通します。

CoinBack
株式などの投資も、利益確定をせずにひたすら再投資していると、元手が次々に大きくなり税金もかからないため、資産を増やしやすくなります。

自己アフィリエイトで手数料キャッシュバックを受ける

Bitgetでは自己アフィリエイトは禁止されていますが、間接的に事実上の自己アフィリエイトを行う方法はあります。

当サイト・CoinBackを経由してBitgetの口座開設をしていただくと、その後の手数料が永久的にキャッシュバックされます。

全額ではありませんが、一定の割合でのキャッシュバックを全ての取引で受けられます。

事実上、Bitgetの手数料が安くなったのと同じ状態になるため、手数料負けをしにくくなります。

詳しくは「Bitgetの自己アフィリエイト」の記事でまとめています。

CoinBack
興味を持っていただけたら、以下のボタンからぜひ無料登録をお試しください!

[coinback]

Bitget(ビットゲット)の手数料負けに関してよくあるQ&A

Bitget(ビットゲット)の手数料負けに関してよくあるQ&A

Bitget(ビットゲット)の手数料負けに関してよく見られる疑問点は、以下の通りです。

  1. 仮想通貨の出金と送金は同じ意味?
  2. スプレッドと取引手数料の違いは?
  3. 相場変動が激しいとスプレッドが開く理由は?

仮想通貨の出金と送金は同じ意味?

海外取引所の場合、仮想通貨の出金と送金は同じ意味です。

国内取引所の場合「出金」は「銀行口座への出金」を意味することもあります。

しかし、海外取引所の場合は日本の銀行口座への出金ができません。

そのため、日本人が口座からお金を移す時は「別のウォレットに送金する」ことになります。

CoinBack
このため、海外取引所の場合は出金と送金の違いはなく「同じ意味」となります。

スプレッドと取引手数料の違いは?

スプレッドとは「買値と売値の差」です。

たとえば、自動車を買ってすぐ中古で売ったら、確実に損します。

新車の値段(売値)と中古での買取価格(買値)に差があるためです。

これは仮想通貨でも同じで、同じ1BTCという仮想通貨でも「買値と売値に差がある」という状態では、その差額分の損失が出ます。

このため、スプレッドのある口座や銘柄の場合、売りでも買いでもポジションを建てた瞬間、スプレッド分の損失が発生しています。

このスプレッドは0.01秒などの細かい時間単位でリアルタイムに変動しています。

CoinBack
このため取引手数料のようにパーセンテージなどが決まっているわけではありません。

相場変動が激しいとスプレッドが開く理由は?

相場変動が激しいと、大きな損失を出してゼロカットになるトレーダーが増えます。

このゼロカットの補填により、Bitgetも含めた取引所の側の負担が大きくなります。

その負担を補うために、通常より多くの手数料を取る必要があります。

CoinBack
Bitgetのように取引手数料が無料の取引所は、スプレッドを広げることで損失を補うわけです。

【まとめ】Bitgetの手数料負け

【まとめ】Bitgetの手数料負け

Bitgetに限らず、仮想通貨取引所での手数料負けを防ぐには、できるだけ手数料を発生させないことが重要です。

そのためには「取引の回数を抑える・出金や送金の回数を減らす・自己アフィリエイトを行う」などの方法が有効です。

自己アフィリエイトのシステムはBitgetにはありませんが、CoinBackを経由して登録していただくことで、事実上の自己アフィリエイトは可能です。

手数料キャッシュバックの特典を永久的に受けていただけるため、このキャッシュバックの分、常に手数料が安くなるのと同じ効果を得られます。

デメリットやリスクは一切なく、会員登録も数分で簡単にできます。

CoinBack
興味を持っていただけたら、ぜひお気軽に会員登録をお試しください!
💡 CoinBack(コインバック)とは?

仮想通貨取引所に払う取引手数料で損していませんか?

CoinBackは業界唯一の手数料キャッシュバックサービス。

実はCoinBackを使わないと…
1BTC取引だけでも1,600円〜3,200円の手数料を損しています!

1BTC取引で

¥

2,594

Cash
Back

1BTC取引で

¥

4,632

Cash
Back

1BTC取引で

¥

3,088

Cash
Back

1BTC取引で

¥

4,169

Cash
Back

1BTC取引で

¥

4,169

Cash
Back

1BTC取引で

¥

3,474

Cash
Back

※1BTCあたり$53,000換算|成行手数料(往復)の場合

登録方法は
簡単3STEP

01
CoinBack登録
無料会員登録
02
メール認証

認証用のメールが送信されます。メールボックスをご確認ください。

03
取引所との紐付け

CoinBackサイト内リンクからFX口座を開設し、ユーザーIDを登録します。

※2つ目以降の取引所アカウントでも作成可能です

まだCoinBackのユーザー登録を行っていない方は・・・
業界最大キャッシュバック率!
この記事を書いた人
元証券会社社員で、CoinBackメディアの運営全般を担当。 トレード歴は5年の現役為替・仮想通貨トレーダー、ほとんどの取引所を使った経験があり、現在使用している取引所は、「Bitget」「Bybit」。